アパート経営でローンを有効に活用しよう

アパート経営をするときは、ローンを活用するようにしましょう。銀行がそれを提供しています。それを利用すれば、自己資金を温存できるメリットがあります。アパートの経営を始めたら、いろいろなお金が必要になります。手元にお金を残していないと、困ることがあるので自己資金をアパートの購入に全部使うことは避けた方が無難です。ローンを利用する時は、審査を受けなければなりません。まず安定した収入があることが求められます。例えば、ある銀行の場合は、年収が200万円以上であることが貸し付けの条件になっています。年収の他には、その物件の収益性が調査されます。その物件により家賃の収入がどれぐらい得られるか、銀行が調べるわけです。審査の際は、その物件を経営するための計画書を提出しなければなりません。

自己資金は温存していた方が良い

アパート経営をするときは、銀行が提供しているローンを活用しましょう。自己資金を温存できるメリットがあります。物件を購入する時は、自己資金3割、銀行から借りたお金が7割で購入するのが理想です。自己資金が残っていれば、いろいろな問題に対応できます。例えば、災害などで自分のアパートが大きなダメージを受けることがあります。その時の修理に費用に、自己資金を使えます。もし仕事をしないで、アパート経営に専念するのだったら、自分の資金は、生活費に使わなければならないこともあります。古いアパートだったら、あちらこちらが傷んできます。購入の時に傷みをチェックする必要があるのですが、気付かないこともあります。住んでいる人が、アパートの傷みによって、生活が妨げられたら、修理しなければなりません。このような時に備えて、自己資金は残しましょう。

審査に通るには計画書をしっかり作る

アパート経営をする時に、銀行からローンを借りる場合は、審査を受けなければなりません。審査でまず大切なことは、安定した収入があることです。この収入は高ければ、高いほど有利になります。借金がある方は、不利になる場合があります。できるだけ借金を返済しておきましょう。銀行からお金を借りる場合は、銀行に自分のアパートの経営の計画書を出さなければなりません。計画書で大切なことは、その物件から確実に収入を得られることを示すことです。どれぐらいの家賃収入があるか把握して、そのことを計画書に記載しましょう。さらにその物件が借りる人にとって、魅力的なものであることを証明する必要があります。これをするには、そのアパートのセールスポイントを並べましょう。駅から近いことや、築年数が浅いことなどを書きます。

99%の入居率を誇る安定感の高いアパート経営が可能です! アパート経営の不動産投資をご検討の方は、入居者の募集から物件管理や清掃まで対応している弊社にお任せ下さい。 独自の防音システムを採用しているので、騒音トラブルによる退去での家賃収入減を事前に回避できます。 実際に経営されているオーナー様方からいただいた生の声をHPにて掲載しております。 入居率の高いアパート経営はこちら!