アパート経営をローンで行うときに注意するべき点

アパート経営をローンで行うときには、利息に注意をしておきましょう。現在は金利がかなり下がった上体にありますが、それでも5000万円を借りたのに総返済額が7000万円になってしまうということなどがあります。昔は3000万円を借りるために総額で6000万円以上も支払うということがあたりまえのようにあったようです。現在では金利がかなり下がっていますので、このようなことはめったに起きませんが、一括でアパートを購入している人に比べてかなりリスクが上がってしまうということは理解をしておきましょう。なるべく金利が低い銀行や信用金庫で不動産投資ローンを組むことが大切です。消費者金融のほうが借りやすいので少額のお金を借りてすぐに返済をしてしまうのならばメリットが出るケースもあります。

審査に通ったのに破綻してしまうこともある?

アパート経営の資金について銀行から融資を受ける時、審査を通過しなければなりません。その審査はとても厳しいため、審査をクリアすれば投資が成功したと考えてしまう人もいるようです。しかし、銀行融資の審査に通過することは1つのハードルをこえたにすぎず、そこがゴールではありません。銀行は信用がない人にはお金を貸しませんので、審査に通過したならば少なくとも借金は返済できると判断されたということです。ただし、銀行はいざとなったら不動産を売却して借金を返済してもらえばよいと考えているため、余裕を持って返済をしていけるというところまで保証されたわけではないということに注意が必要でしょう。また、リストラや会社の倒産など予期せぬ事態が起きることまでは予想をしていないかもしれません。自分でしっかりとリスク管理をしておく必要があります。

数年が経過してから破綻してしまうケース

アパート経営が最初のうちはうまくいっていたのに、数年が経過してから資金操りが厳しくなるということがあります。その理由の1つとして、建物が劣化してしまったことが原因として考えられます。築年数が経過している物件ほど入居者は入りにくくなります。家賃を下げれば入居者が入る可能性は高くなりますが、現在は多くの人がそれなりに豊かな生活を送っていますので、必ずしも家賃を下げたら入居者が見つかるというわけではなくなっています。築年数が経過して古くなった物件は家賃を下げても入居者が見つからず、ローンの返済ができなくなってしまうということがあります。それまでは100%の入居者が入っていたのに、ある日突然入居者の半分が退去してしまって、家賃収入が半分になってしまうというケースもあるので、手持ち金には余裕を持たせておきましょう。