ローンでのアパート経営のメリットデメリット

ローンでのアパート経営にはメリットとデメリットの両方があります。一番大きなメリットは、レバレッジをかけられるということにあるでしょう。資金が3000万円しかない人は、3000万円以内の物件しか選択肢に入れることができません。しかし銀行融資を利用することで、最高で2億円くらいの物件まで選択肢に入れられるかもしれません。3000万円の物件を購入して運営する場合と、2億円の物件を購入して運営をする場合では、得られる利益に大きな差が出るでしょう。借金をすると利息がかかってしまいますが、利息よりもはるかに大きな収入を得ることができるというケースも多いです。レバレッジをかけることが不動産投資の最大のメリットなので、むしろローンを利用しなければ意味がないという意見もあります。

機会を失うこともある?アパート経営のデメリット

投資と言えば株式投資がかなり昔から有名ですが、現在ではさまざまな資産運用の方法が登場しています。最近ではビットコインなどの仮想通貨への投資で莫大な利益を出したという人が増えており、注目を集めています。アパート経営を、ローンを組んで行う場合、利息がかかるということが目に見えたデメリットですが、手持ちの資金の多くを1つの投資に使ってしまうため、他の投資に使える資金が減ってしまうということもデメリットです。資産運用ではただお金を増やせれば良いというわけでもなく、同じ時間を使うならより多くのお金を稼ぐということが重要になります。将来もしも他に莫大な利益を出せそうな投資が登場したときに、手持ちの資金がなければその機会を失ってしまうことになります。すべての資金を投入してしまうことは避けたほうが良いかもしれません。

メリットを最大限に引き出すことが重要

ローンを組んでアパート経営を行うことにはメリットとデメリットがあります。デメリットをできるだけ減らして、メリットのほうを最大限に引き出すということが重要になります。借金の返済ができなくなってしまったら不動産を強制的に売却されてしまいます。競売になってしまうと不動産がかなり安く売られてしまうので、借金を返済できなくなったら早めに対策をとるべきでしょう。競売になることを待つくらいなら借金を返済できているうちに自分でアパートを売却してしまったほうが有利になります。利息というデメリットは必ずありますが、金利が低い金融機関で融資を受けることで利息を減らすという工夫をすることはできます。信販会社や消費者金融のほうが借りやすいことは確かですが、金利が高くなるのでなるべく銀行で借りるようにしておきましょう。