ローンでアパート経営をするときに考えたいこと

ローンでアパート経営をする時に必ず考えなければならないことが、借金をしっかりと返済できるかどうかということです。手持ちの資金で、一括でアパートを購入してしまう場合には、借金の心配はなく、利益を出せるかどうかということだけを考えていれば良いです。しかし、借金をしている場合には、返済ができなくなってアパートを強制的に売却されてしまうという問題についても考えておかなくてはなりません。アパートが競売にかけられてしまった場合、相場よりもかなり安く売られてしまうというリスクもあります。例えば、相場が4000万円のアパートなのに、競売にかけられると3000万円くらいで売られてしまうかもしれません。そうなると、多額の借金が残ってしまうことになるでしょう。

しっかりとシミュレーションをすること

アパート経営では、ギリギリの返済プランを立ててしまうと失敗してしまう可能性が上がります。家賃10万円の部屋が10あったとして、そのうち1つや2つは空き室になってしまうリスクについても考慮をしておきましょう。ローンの月々の返済額が100万円では、1つでも空き室が出た場合に返済ができなくなります。また、アパートは築年数が経過すると価値が落ちていきますので、10年後も家賃10万円をキープできる可能性は低いでしょう。10年後には家賃を8万円くらいに下げなければならなくなるだろうなどと予測をして、もしも家賃を下げることになっても余裕を持ってローンを返済していけるかどうかについても考えておきましょう。すでに築年数が10年くらい経過しているアパートの場合、途中でリフォームをする必要がでてくるかもしれません。リフォームの費用についても計算に入れましょう。

低い金利で借りることが鍵となる?

アパート経営において、不動産投資ローンを組む場合には、金利がいくらになるのかということがとても重要です。1億円を借りた場合なら、たった1%の金利差でも2000万円以上も利息が変わってくることがあります。信販会社や消費者金融で借りたほうが審査に通りやすくなっていますが、審査に通ってもその後に破綻をしてしまったら意味がありません。アパート経営では、なるべく銀行もしくは信用金庫から融資を受けるようにしておきましょう。同じ銀行で借りた場合でも、優遇金利が適用されるかどうかによって金利の差が1.0%以上開くこともあります。もしも高い金利でしか借りられなかった場合には、不動産投資を諦めることも考える必要があるでしょう。破綻をする可能性が高いのに、一か八かの賭けで投資を始めることはおすすめができません。